運転手は役員と一緒に不規則な生活!?だから派遣会社から来てもらう

役員の運転手は勤務が不規則

運転手を社員として採用すると勤務形態について非常に迷うことになります。企業が運転手を雇う場合は役員車の運転手であることが多く、一般社員のように朝9時から午後6時までの勤務といったような決まった時間の勤務になるケースが珍しいためです。役員自体、企業の社員ではなく委任契約により働くことになります。そのため勤務時間、勤務曜日は流動的であることが多いです。勿論事前に予定は決まっていますが、それでも社員としてその都度勤務日時を決定するには無理があります。

派遣会社から派遣してもらうことで対応できる運転手

そのため必要な時に運転手を確保できるように、派遣会社から運転手を派遣している企業も多いです。常に同じ運転手であることは難しいですが、不規則な勤務体系に沿って働かせることができます。また派遣会社で抱えている人材はその分野において熟練度が高い人材のため、運転技術も高い人が多いです。そのため安心して運転させることが可能です。ただそのような派遣会社から運転手に勤務してもらう際には企業側も十分な注意を払います。

派遣会社の運転手でもリスクを排除する

役員を載せて運転するということを考えると、企業の秘密事項が車内で知りえる可能性があります。携帯にいつ重要な電話があるかもしれないのです。そのため、派遣会社から運転手を派遣してもらった際には、その運転手と企業の間で秘密保持契約を事前に締結したり、またその役務から離れたとしても、運転手であった期間に知り得た企業に関する事項を、他に漏らさない契約を締結したりします。また派遣会社からの人材だとしてもその人の素性を調査してリスクを排除するところもあります。

必要としている期間だけちゃんと運転手が来てくれるのが運転手の派遣です。運転の技術は高いですし安心して車を運転してもらえます。