設置後の事も考えて!太陽光発電システムのメンテナンス術

利用者自身ができる太陽光発電のメンテナンス

自宅に設置した太陽光発電システムを長持ちさせるには、普段からのメンテナンスが欠かせません。太陽光発電システムのメンテナンスには、利用者自身が行うことができる内容もあります。例えば毎日の発電量をチェックすることも、大切なメンテナンスの一環ですね。発電システムの故障をいち早く察知するには、発電量を確認すると役に立ちます。もし発電量が通常より低下している場合、太陽光発電システムの故障の可能性が考えられます。

主なメンテナンスは工事業者にお任せ

太陽光発電システムの維持管理の助けになるのが、工事業者によるメンテナンスです。発電システムを設置した後には、定期的に工事業者がシステムの点検修理を実施するプランが用意されているケースが多いですね。太陽光発電システムの仕組みに詳しい業者であれば、機器の不具合の察知が早く大きな故障を未然に防ぐこともできるでしょう。発電システムの点検修理では高所作業も必要となるため、業者に任せて事故の心配が要りません。

本格的な発電システムの修理はメーカーに依頼

太陽光発電システムが故障し工事業者でも修理が難しい場合には、メーカーに修理を依頼することになります。発電システムのメーカーによってそれぞれに発電システムの保証期間を設けていて、保証期間内であれば無料で修理してもらえるかもしれません。ただしたとえ太陽光発電システムの故障が保証の期間内であっても、故障原因が利用者本人にある場合やあるいは故障した部品によっては有償による修理となるため注意が必要でしょう。

固定価格買取制度スタート後、太陽光発電の価格が高いこともあり、急速に普及しました。現在は徐々に価格が下がってきていますが、太陽光パネルの価格低下もあるため、事業性を考慮して売電することが肝要です。