簡単にできる起業には大きな落とし穴が!一度失ったものは戻ることはありません。

起業だけなら意志だけで可能

起業するだけなら商業登記を行う必要もなく、起業家の意志だけで行うことが可能です。しかし、商業登記がないと、誰が責任者か、担保になるものはあるのか、事業の範囲はどこまでかなどを公に知ることができないので、事業を展開する場合に不都合が生じます。商業登記を行うことで金融機関からの信用を得ることが出来、ようやく起業の一歩を歩み出すことができます。商業登記を行わないブローカーでは信用度が低く、大成することはあり得ません。

重要なことは資金集め

起業をしても自己資金が足りなければどこからかお金を調達しなくてはなりません。調達手段として一般的なものは知人からの借り入れ、次いで金融機関からの借り入れ、最も有効なものは株式や債権を発行して手広く融資を受けることです。信用も実績もない者にお金を融通することはなく、調達できる資金が現状の能力を表しています。豊富な資金を集めることが出来れば信用度や期待度は高く、今後の事業展開もスムーズに進むことが期待できます。

まずは起業ノウハウを身に付ける

資金集めに苦慮するのであれば、起業価値は低いと判断する必要があり、起業を断念することも視野に入れるべきです。周囲の者を説得出来ない者が、見ず知らずの者を説得して事業を行うことは無謀でしかなく、資金や信用を失うことは火を見るよりも明らかです。冒頭で起業は起業家の意志のみでも可能と述べましたが、事業を成功した者の多くは必然的に起業している方が多く、周囲の環境が整わなくては成功に導くことはありません。リスクを抑えた起業方法は、フランチャイズ制度を活用することです。フランチャイズ制度を活用すれば、起業方法、融資の受け方、事業展開など起業ノウハウを本部がサポートしてくれるので、起業経験がなくても主力の事業に専念することができます。

フランチャイズのサポートの内容を理解するにあたり、複数の専門業者のサービスの特徴を理解することが大事です。